ロゴ

私が受験を検討した大学
       各人の価値観によって異なると思いますが、私が検討した大学を公表します。 実際に受験したのもこの中にあります。まず私の基準は、

    1.地方国立大学であること
    2.理科が3科目でないこと
    3.センターの比率が極力高いこと

    です。その理由は、国立でなければ、お金が足りません。また地方でない旧帝大のようなところだとレベルがかけ離れています。また生物を高校時代に勉強していなかった私は、新しく生物を勉強しなおす余裕はありませんでした。そのため、理科が3科目必要な大学は不可能です。また、センターの比率が高いほうが、「標準的問題を確実に解けるようにする」ことを主眼に出来るので戦いやすいと考えたからです。また下記の検討した大学に東北地方の大学が少ないのは、私が関西出身で妻が九州出身ということがあり、なるべく西日本方面で考えたことによります。
       私にはあまり縁のない土地なのですが、やはり再受験生が多いということがポイントでした。またセンターの比率が高く2次は数学だけでしたので、他と比べると対応しやすいということも検討した要因です。やはり、何年もかけられない再受験生にとってはセンター逃げ切り型は嬉しいものです。
       ここもセンター試験の比率が高め。また私の地元にもそれなりに近いです。再受験の例も多いです。
       やや立地に難があるものの、再受験には適した大学のひとつでしょう。ここはセンターの比率が低いので、センター失敗した場合に考えていた大学でした。
       四国の大学は、比較的再受験生に寛容そうな大学が多いですが、その中でももっとも優しそうという理由です。あいまいですね。
       2次試験が総合問題ということで、少し分かりにくいですが、ねらい目かなと思い考えました。センターの比率が高いのも、私にとっては好都合でした。立地的にはかなり田舎らしいですが、私はもともと田舎育ちなので問題ないと思いました。ただ妻は、ノーコメントでしたが。
       地方国立大学であり、再受験生の合格例も多数あります。また面接無しというのも心強かったです。私は九州出身でありませんが、妻が偶然にも、九州出身でしたので、熊本であれば妻の納得も得れやすいというのもありました。
       妻も、沖縄住んでみたいと言っていたので検討しました。実際に再受験の合格者もいて、ホームページなども見れました。