ロゴ

受験に必要なお金
       どのような試験でも、予備校か独学かという問題になると思います。もちろん予備校関係者は予備校を勧めるでしょう。そうしないと、食いっぱぐれるからです。私は、会社にも勤めていた上、家族もいましたので、予備校に通う費用を捻出することは出来ませんでしたので、最初から予備校という選択肢は除外されていました。しかし、もし金銭的に多少余裕があって、1年でも早く受かりたいなら予備校を利用するのも手だと思います。1年でも早く医者になれれば、それだけ早く夢が叶うのですから。ちなみに、予備校に仮に1年間通ったとしたら、1年間で50万円から80万円必要です。成績が良ければいろいろ免除とかもあるかも知れません。つまり独学で2年かけて合格するより、予備校で1年勉強して合格する方が効率はいいでしょう。
       近頃はブックオフなどの中古本もありますが、自分の目当ての問題集は普通にAmazonなどで買うのが一般的です。参考書代はトータルで4万円ぐらいだったと思います。現役時代にもっていたものを再利用しました。また、各科目1冊しか買わない。それを3回繰り返すまでは新しいものを買わない。という原則を貫いたのでそれほど費用がかからなかったと思います。
       独学にとって意外とお金がかかったのが模試です。夏頃から受けました。現役生にまじって受ける雰囲気も味わえますし、なにより今の自分のレベルを客観的に評価してもらうことが必要です。1年間で4万円ぐらいは使ったと思います。
       模試にしろ、センター試験にしろ、2次試験にしろ移動がともないます。日本の交通費は高いと何度も思いました。トータルでは10万円程度はかかったと思います。
       1回1万8000円です。現役時代は、センター試験の費用なんて考えていませんでしたが、自分の財布から出すと、真剣さが違いますね。当時は両親に対して何も思いませんでした。今更ながら感謝です。
       1回1万7000円です。前後期受けると、3万4000円。ちょっとしたゲーム機が買えてしまいそうです。やはりここでも現役時代何も考えてなかった自分を反省しました。
       私は受験していませんが、私立の場合1校3万円程度かかるようです。これも出費としては大きいので、私立を考える場合は、しっかりお金を準備しましょう。