ロゴ

平日の勉強について
       平日仕事をしているサラリーマンの方が勉強するには早朝、仕事に行く前か、仕事を終えてから勉強するしかありません。朝1時間。帰宅後4時間。計5時間とれればいいほうではないでしょうか。その中で、一日中勉強できる現役生や浪人生と戦う必要があります。そのためにも、通勤時間の細切れ時間や、昼休憩などもうまく利用しましょう。
       それなりに難問の数学の問題を解いて、理解して覚えるのにはどれぐらいかかるでしょうか。問題によって、10分から30分かかると思います。数学はある程度時間をまとめて勉強した方が効率がいいので、細切れには向きません。逆に、英語の単語の暗記や、化学の重要な反応式の暗記は短時間でも覚えることが出来ます。今何をすべきかを考えて、すぐとりかかることが重要だと思います。
       仕事と勉強を両立させること。これは非常に難しいです。

    どんなに疲れていても、朝早く起きて勉強する。
    どんなに疲れていても、言い訳をしない。

       自分を振り返ってみると、言い訳が多かったと思います。それと、ご褒美癖。これだけやったから、ご褒美として、○○しよう。これでは合格できません。ご褒美は、合格なのです。それまでは、ひたすら効率的に勉強。そして、結果を残すことだけが必要なのです。言い訳ご褒美癖。これが大きな反省点です。