ロゴ

休日の勉強について
       休日は朝から晩まで勉強することが出来ます。私は図書館に行って勉強しました。自宅だとテレビなどの誘惑がありますし、妻の生活をジャマしてしまうからです。図書館に行くと、たくさんの人が勉強していました。現役の高校生らしき人もいますし、何かの資格試験を目指して勉強している私と同じ歳くらいの人もいました。目指すものは違っても、何かを勉強している人が近くにいるのは、「私もやらなければ」という気にさせてくれました。
       年から年中勉強していたのでは、息がつまります。私の場合、月に1回は妻と遊びにでることにしました。近くのショッピングモールでもいいですし、電車で少し遠出するのもいいでしょう。自分のリフレッシュのため、妻の機嫌をとるため?にもたまには外にでかけましょう。
       数学を中心に勉強し始めると、ちょっと時間のかかる科目を休日に勉強しました。2時間とか3時間とかしっかりと集中してやる科目です。物理も集中すると時間を忘れて解いていました。
       社会人受験生は、休日の使い方こそ合否を分けると思います。同僚が遊んでいるのに自分だけ勉強している。このような考えがあると合格出来ません。他人と比較しても意味がないのです。再受験は誰から強制されたものではありません。自分の夢を叶えるためであって、他人は関係ないのです。私は、比較的初期段階から「他人は関係ない」と思って取り組んできました。土日も一生懸命勉強しました。それでも、合格出来なかったのは、やはり自分の能力が足りなかったのでしょう。