ロゴ

間違った勉強方法(英語編)
       英語については、現役時代はもっとも自信がなかった科目です。 当時のセンター試験でも苦手としていました。 しかし仕事で、英語を多少使うことやTOEICの勉強などを ちょっとだけしていたために、現役時代よりも得点しやすい科目になりました。

       問題は、

    「2次試験における、より正確な(受験的な?)和訳」
    「センター試験における、発音などの小問」

       でした。

       まず正確な和訳のために、 ビジュアル英文解釈 を読みました。 現役時代に買った本を持ってたんです。当時もこの作者が好きでした。 英語のレベルが上がったのか。現役時代より読みやすく、納得感もありました。
       また文法の復習には 大学入試英文法ハイパートレーニング を使いました。 単語集はDUO 3.0 を何度もやりました。この本は使いやすいですね。例文もおもしろい。 TOEICなどでもいろいろ本を買いましたが、それと比較してもおもしろい。 どんどん進めれます。また、現役時代はリスニングは重視していませんでしたが、 DUOのCD も購入し、 耳で覚えることも実施しました。 発音対策については問題数が少ないこともあり、後回しにし、結局やりませんでした。

       DUO を100%に出来ていないことがまず反省。 とにかく、100%を目指して実行することが大事だ。 大人になったのか、100%なんてあるわけがないと思っていましたが 目指すべきは100%だったと思います。 また文法問題で取りこぼしが多かったです。 その1点、2点で勝敗が決まるのです 。 また医学生になれたとしたら、そこから役に立つ知識が英語でしょう。数学や理科系科目に時間をとられたという言い訳、また「現役と比べて点数がさがってなかった」というおごりが、受験失敗へとつながったと思っています。