ロゴ

化学の参考書
    岡野の化学をはじめからていねいに―大学受験化学 (理論化学編) (東進ブックス―気鋭の講師) 1100円

    オススメ度 ★★★★☆

       化学の内容は、本当に頭の中からぬけていました。 そのため、最初からもう一度やり直す必要がありこの本を買いました。 話口調の本は、私は好きなのですぐ読めました。 読むだけで分かった気になりますが、問題は解けるようになりません。 他の問題集とあわせて勉強の指針にしました。


    照井俊の化学有機化学の最重点照井式解法カード―試験で点がとれる (大学受験V BOOKS) 1365円

    オススメ度 ★★★☆☆

       知識の整理に約立つ1冊。よくまとまっています。 カードを自分でまとめるより、この本を買って覚えた方が早いです。 勉強は、作業じゃない。それが実感できた本でした。


    実戦 化学1・2重要問題集 2010 914円

    オススメ度 ★★★★★

       受験といえばこの本。内容も充実しています。 まずはこの問題集のどの問題も解けるようにすることが化学のファーストステップだと思います。 私も3周やりました。問題のレベルも標準的で、センター試験対策にもなったと思います。 これを完全にやれば、化学でボロ負けすることはないでしょう。


    化学I・II標準問題精講 1260円

    オススメ度 ★★★★☆

       化学を2次試験での武器にしようと思い買った本。 2次試験では何か1科目でも、他の受験生に負けないものがあれば強いと思ったからです。 この本は、上記よりやや難しく、地方国立医学部を受けるのであれば、ちょうどいいぐらいと思える1冊でした。 化学を武器にしようと思ったのは、暗記と理解をうまく融合できれば、高レベルでも安定して得点が稼げると思ったからです。 それでも、この本は難しかった。